ブログトップ

アイガング2016

mozart2016.exblog.jp

ブログを開設してから10年になりました。健康のために毎日出かけてブログを更新するぞ!

カテゴリ:トレッキング( 31 )

前日、日曜日のお天気がいいと云うので急遽三方岩岳~野谷荘司山へ行くことに。ホワイトロードの谷間にも朝日が差し込んでいきます
e0355083_18493822.jpg

梅雨時期とは思えぬほど冴え渡った空模様です
e0355083_18494774.jpg

標高1443メートルの三方岩岳駐車場が眼下に
e0355083_18495784.jpg

白山の山頂に白いものはわずかしか見られません。白山に見えませんねぇ
e0355083_1850645.jpg

笈ヶ岳、大笠山、奈良岳、大門山と石川と富山の県境の山々が見渡せます
e0355083_18501896.jpg

モミジカラマツ(紅葉落葉松)キンポウゲ科
e0355083_1921535.jpg

ニッコウキスゲ(日光黄萓)ユリ科
e0355083_19224195.jpg

ササユリ(笹百合)ユリ科
e0355083_19238100.jpg

ハナニガナ(花苦菜)キク科
e0355083_19234064.jpg

[PR]
by mozart2016 | 2016-07-11 06:00 | トレッキング
夕霧峠から始まる288段の階段を一気に登れるのか?体調テストです、後ろには怖い顔をした試験官が2名ついて来ています
e0355083_15464049.jpg

イオックス・アローザのスキー場、まずまずのお天気です
e0355083_15465078.jpg

トリアシショウマ(鳥足升麻)ユキノシタ科
e0355083_154709.jpg

龍神池
e0355083_15471115.jpg

モリアオガエルのタマゴからオタマジャクシが少しづつ落ちてきています
e0355083_15472185.jpg

40分ほどで頂上に到着
e0355083_15473412.jpg

展望台からの眺望です
e0355083_15474763.jpg

[PR]
by mozart2016 | 2016-07-02 06:00 | トレッキング
体調を崩してから体力に自信をなくしたので今日はどこまで登れるかテストです。シガラクビ→白兀山→夕霧峠→奥医王山へのコースです
e0355083_5545690.jpg

シロバナハナニガナ(白花花苦菜)キク科
e0355083_630894.jpg

登り始めてすぐにいつもの登山ペースでないことに気づきながら、一歩一歩
e0355083_555751.jpg

ヤマツツジ(山躑躅)ツツジ科
e0355083_6311376.jpg

コースタイムの2倍ほどの時間をかけて小白兀へ到着
e0355083_5551692.jpg

サワフタギ(沢蓋木)ハイノキ科
e0355083_6321257.jpg

白兀山頂上に着いてもすぐにベンチで休憩
e0355083_5552572.jpg

ハナニガナ(花苦菜)キク科
e0355083_6324895.jpg

出発してから2時間かけて夕霧峠の展望台に着きました。富山方面の眺望も今日は×
e0355083_555344.jpg

ヒメシャガ(姫射干)アヤメ科
e0355083_6331798.jpg

休憩後、奥医王山へ登るのをあきらめて林道を下りてきました
e0355083_5554311.jpg

イワカガミ(岩鏡)イワウメ科
e0355083_6335470.jpg

医王の里で昼食を
e0355083_5555510.jpg

タニウツギ(谷空木)スイカズラ科
e0355083_634305.jpg

帰りに立ち寄った湯涌の湯楽で見たツバメの巣
e0355083_5585179.jpg

[PR]
by mozart2016 | 2016-05-29 05:55 | トレッキング
毎年恒例のバラ園でのラジオ体操のあと、今年は医王山大池平へハイキングに。参加者のT夫妻
e0355083_17495366.jpg

ST女史とYT女史の計5名の参加でした
e0355083_1750786.jpg

タニウツギ(谷空木)スイカズラ科
e0355083_17521171.jpg

エンレイソウ(延齢草)ユリ科
e0355083_1753778.jpg

サンカヨウ(山荷葉)メギ科
e0355083_1753342.jpg

日曜日のせいか登山客の中には山菜を採っている方が大勢見受けられました
e0355083_17501779.jpg

イワカガミ(岩鏡)イワウメ科
e0355083_175508.jpg

イワカガミ(岩鏡)イワウメ科
e0355083_17542397.jpg

ユキザサ(雪笹)ユリ科
e0355083_17561390.jpg

大沼の上に突き出ているトンビ岩から時おり手を振る登山客の姿が見えます
e0355083_1750324.jpg

ホオノキ(朴の木)モクレン科
e0355083_1757537.jpg

ヤマフジ(山藤)マメ科
e0355083_17573792.jpg

昨年登った箱屋谷山(685m)が見えます。このあと地蔵峠経由で覗休憩所→西尾平駐車場へ
e0355083_1750444.jpg

[PR]
by mozart2016 | 2016-05-16 06:00 | トレッキング
産業道路から見た白山、今朝はくっきりはっきり見えています。期待大ですね
e0355083_1959113.jpg

1時間30分ほどで鈴ヶ岳登山口に到着、平日のためか車は1台もいないよ~
e0355083_19592125.jpg

クマ 出没注意の大きな看板が、バ~ン!
e0355083_19593626.jpg

鈴ヶ岳まで2.9km
e0355083_19594782.jpg

しばらく登って行くと、杉の木に拍子木がぶら下がっています。熊さんにご挨拶です
e0355083_19595927.jpg

沢沿いに上っていきます
e0355083_2105932.jpg

鉄の角棒で出来た橋が渡してあります
e0355083_200235.jpg

県内でも一番、熊の出没する大杉谷です。熊さんに挨拶して入山します
e0355083_2003427.jpg

気温が高かったのですが、沢を渡るとさわやかな風が
e0355083_211953.jpg

ツボスミレ(坪菫)スミレ科
e0355083_2005839.jpg

サンカヨウ(山荷葉)メギ科
e0355083_2011022.jpg

ウワミズザクラ(上溝桜)バラ科
e0355083_2012140.jpg

杉林を登って行くと広い広場が
e0355083_201316.jpg

広場前にある出作り小屋です。中もすっきりしています
e0355083_2014042.jpg

出作り小屋を越えた辺りから杉林からブナ林に
e0355083_2015243.jpg

マイヅルソウ(舞鶴草)ユリ科
e0355083_202355.jpg

ブナの尾根伝いに上っていきます
e0355083_2021413.jpg

時折風の通り道があって、さわやかな風が吹いてきます
e0355083_2145790.jpg

左手に白山が見え隠れしてきました
e0355083_2023620.jpg

あと数百メートルで頂上です。頑張れ!
e0355083_2024593.jpg

140分ほどで鈴ヶ岳頂上に到着
e0355083_2025690.jpg

木陰に入って、今から昼食です。あぁ~お腹がすいた・・・・
e0355083_2162969.jpg

今登ってきたブナの森です
e0355083_203675.jpg

白い屋根の粟津ドームその手前に鞍掛山も見下されます
e0355083_2031774.jpg

目の前に白山の雄姿が広がっています
e0355083_2032720.jpg

[PR]
by mozart2016 | 2016-05-14 06:00 | トレッキング
降水確率10%以下なら山へ登ろう!と、今回は福井県大野市の銀杏峰(げなんぽう)1441mへ。黄砂と霧がかかった変な??気候です
e0355083_2034321.jpg

宝慶寺キャンプ場の駐車場に車を止めて
e0355083_20344312.jpg

名松コースを登ります
e0355083_2034564.jpg

羽衣の松・見返りの松・仁王の松と変わった形をした松が登山道に出没してきます
e0355083_2015723.jpg

杉林の後、ブナ林が続きます
e0355083_20353912.jpg

チゴユリ・サンカヨウ・ミヤマシキミ・フデリンドウ・カタクリ
e0355083_20355365.jpg

銀杏峰前山から見た白山、黄砂が降っているけどなんとか見えます
e0355083_2036494.jpg

福井県の百名山、荒島岳。今度ここに登ろう!
e0355083_20361926.jpg

3時間30分ほどで頂上に着き、カップ麺を食べて下山です
e0355083_20363057.jpg

ニリンソウ、ムラサキケマン、ヤマルリソウ、駐車場広場には芝桜が一面咲いています
e0355083_20364824.jpg

下山後、大野市に2軒ある銭湯の一つ亀山湯で疲れを癒してきました
e0355083_2037663.jpg

[PR]
by mozart2016 | 2016-05-09 06:00 | トレッキング
連休中一番のお天気だというので、桑島大橋を渡り大嵐山へ
e0355083_18205649.jpg

駐車場の車の数も半端じゃありません
e0355083_1821550.jpg

サンカヨウ(山荷葉)メギ科
e0355083_18211796.jpg

ミズバショウ(水芭蕉)サトイモ科
e0355083_18214423.jpg

こんな透き通った水じゃないと綺麗に咲かないのかな?
e0355083_18215469.jpg

水芭蕉の湿地から見上げる大嵐山方向
e0355083_1822456.jpg

キスミレ(スミレ科)
e0355083_18221859.jpg

白虎谷のブナ林
e0355083_18223166.jpg

手取湖が眼下に
e0355083_18224147.jpg

大嵐山の頂上からの眺望は大したことないし、途中倒木が道を邪魔していたので頂上は諦め、展望コースへ
e0355083_18225044.jpg

ここはブナ林の中を歩くのが最高!ブナ林に囲まれた中でおむすびとカップめんを食べて
e0355083_1823115.jpg

下山途中で桑島の町が見下されますm
e0355083_18231123.jpg

針葉樹と広葉樹の織りなす緑のグラジュエーションは今の時期じゃないと見られませんねぇ
e0355083_18232066.jpg

今日の白山。最高!(西山より)
e0355083_18233137.jpg

[PR]
by mozart2016 | 2016-05-03 06:00 | トレッキング
犀鶴林道の峠の駐車場は満杯です(11am)
e0355083_16435995.jpg

登山口の目の先からカタクリが群生しています
e0355083_1644786.jpg

花弁が少し色褪せていますね
e0355083_16441442.jpg

UH君とYN君を誘ったのですが、用事で来れなくて、姉を誘ったら即!行くというので一緒に
e0355083_16442385.jpg

ギフチョウが蜜を吸っている瞬間を上手く撮ることが出来ました
e0355083_16444071.jpg

カタクリ街道と言われていますが、これほど咲いているとはビックリポンです
e0355083_16445066.jpg

登って行くに連れ花の勢いが良くなってくるように感じます
e0355083_1645124.jpg

板尾への分岐まで途切れることなく咲いていました
e0355083_16451263.jpg

花弁の反り返り具合に気品を感じます
e0355083_1645238.jpg

普段は日本海まで見渡せるのですが、黄砂のため霞んでいます
e0355083_18213362.jpg

ムシカリ(スイカズラ科)
「ムシカリの装飾花はほぼ同じ形に5深裂するけれど、ヤブデマリの花冠は不ぞろいに5深裂する。」
だそうです。
e0355083_18232723.jpg

キクザキイチゲ(菊咲き一華)キンポウゲ科
e0355083_18242429.jpg

コシノコバイモ(ユリ科)
e0355083_18245429.jpg

キンキマメザクラ(豆桜)バラ科
e0355083_18252765.jpg

コナラ(小楢)ブナ科
e0355083_1826711.jpg

イワウチワ(岩団扇)イワウメ科
e0355083_18263776.jpg

頂上からは黄砂のため白山の姿がうっすらと見られただけでした。黄砂め(-_-;)
e0355083_18265583.jpg

ウワミズザクラ(上溝桜)バラ科
e0355083_18284692.jpg

帰り道立ち寄ったA先輩の家のフジ
e0355083_1829020.jpg

今が盛りでした。A先輩も元気そうでしたよ!
e0355083_1829148.jpg

[PR]
by mozart2016 | 2016-04-27 06:00 | トレッキング
2日連チャンの山登りです。鷲ヶ岳に登った時に後ろに見えた山、浄法寺山への挑戦です
e0355083_20123199.jpg

キランソウ(シソ科)
e0355083_20125396.jpg

ツボスミレ(坪菫)スミレ科
e0355083_2013730.jpg

ミツバツツジ(三葉躑躅)ツツジ科
e0355083_20132235.jpg

登山口からしばらく登って行くと、管理棟が眼下に見え始めてきました。これからロープが続く急登が始まります
e0355083_20133635.jpg

休み休み1時間30分かかって冠岳(837m)に到着
e0355083_20135155.jpg

これから向かう浄法寺山が見えます
e0355083_20141047.jpg

イワナシ(岩梨)ツツジ科
e0355083_20142894.jpg

2時間40分で浄法寺山頂上に到着。標識の後ろに隠れているおじいちゃん(そう言ったら失礼かな?)
e0355083_20144288.jpg

今回の登山が浄法寺山への233回目だそうです。ビックリポンですね
e0355083_2015039.jpg

イワウチワ(岩団扇)イワウメ科
e0355083_20151543.jpg

ショウジョウバカマ(猩々袴)ユリ科
e0355083_20153875.jpg

ミツバツチグリ(三葉土栗)バラ科
e0355083_2015531.jpg

タムシバ(モクレン科)
e0355083_2016827.jpg

ムシカリ(スイカズラ科)ヤブデマリ(藪手毬)スイカズラ科
e0355083_20162934.jpg

帰り道は上りの急登を避けてつつじが原コースを。びんつけ地蔵
e0355083_20164333.jpg

ハクサンハタザオ(白山旗竿)アブラナ科
e0355083_20165737.jpg

キケマン(黄華鬘)ケシ科
e0355083_20171474.jpg

ツツジが原コースから見えた黒岩
e0355083_20172748.jpg

出発点の浄法寺山青少年旅行村に戻ってきました
e0355083_20175064.jpg

[PR]
by mozart2016 | 2016-04-26 06:00 | トレッキング
今回で3度目の取立山登山です。日曜日ということもあって駐車場には車が結構止まっています。9:23am 出発
e0355083_17534974.jpg

キンキマメザクラ(豆桜)バラ科
e0355083_17535858.jpg

クロモジ(黒文字)クスノキ科
e0355083_1814632.jpg

エンレイソウ(延齢草)ユリ科 
e0355083_1754775.jpg

イワウチワ(岩団扇)イワウメ科
e0355083_1754176.jpg

10:45am 取立山頂上
e0355083_17544460.jpg

白山の上半身だけが目の前に。天気予報は晴でしたが、気温が高いせいか?霞んでいます
e0355083_17543079.jpg

ショウジョウバカマ(猩々袴)ユリ科
e0355083_17545913.jpg

ミズバショウ(水芭蕉)サトイモ科
e0355083_17551620.jpg

ミツバノバイカオウレン(三葉の梅花黄蓮) キンポウゲ科
e0355083_17552662.jpg

こつぶり山の頂上には親子連れのパーティも来ていました。11:50pm
e0355083_17553837.jpg

タムシバの花の白と、対岸の山の残雪の模様がよく似ています
e0355083_17554920.jpg

??取り調べ中
e0355083_175605.jpg

ネコノメソウ(猫の目草)ユキノシタ科
e0355083_17561640.jpg

ミヤマカタバミ(深山片喰)カタバミ科
e0355083_17562983.jpg

大滝コースの帰り道、残雪を気にかけていましたが、雪もすでに解けていて難なく下山できました
e0355083_17564278.jpg

大滝
e0355083_17565648.jpg

杉の木に青いビニールテープがグルグル巻かれているけど、どんな意味があるのかなぁ?
ググッて調べてみたら・・・熊が、造林木の皮を剥ぐのを防ぐためのようです
13:23pm 駐車場着
e0355083_1757830.jpg

帰りに立ち寄った白山里の駐車場前のニリンソウ(二輪草)キンポウゲ科
e0355083_17571930.jpg

吉岡園地のフジ(藤)マメ科
5月3日~4日がフジ祭りだそうです
e0355083_17573067.jpg

[PR]
by mozart2016 | 2016-04-25 06:00 | トレッキング